まずはあなたの状態を目で診察します。小さな姿勢の変化や身体の動きにもサブラクセーションの兆候が現れている場合があります。