ナーボスコープによる計測の後は触診です。脊椎関節の一つ一つの状態、皮膚の異常の有無、筋肉のバランスを様々な角度から診察します。