体験談 : カイロプラクティック集中治療・体験レポート 1 < 1 2 3
日本で"カイロプラクティック"というと、やたらと体をバキボキとならされる治療で、整体(骨接ぎ)といっしょくたにされていますが、ここアメリカに於いては、法的にも認められた医療行為。日本でいわれているものとは全く異なります。

初日はまず問診から。過去の外傷や生活習慣などを聞かれ、先生からカイロプラクティックについての説明を聞きます。身体検査、姿勢検査、及びコンピュータ・サーモグラフによる神経学的検査が行われ、その後レントゲンの撮影。初日はこれで終了。

2回目の来院では、レントゲンの結果を踏まえて症状や治療のスケジュールの説明を受けます。背骨の関節の小さなズレが神経を圧迫して、痛みや病気の原因となっているものをサブラクゼーションといい、それを矯正する事によって、体の自己治癒能力を助け健康を取り戻す、というのがカイロプラクティックの目的です。さて、そのサブラクゼーションの程度が、レントゲンの結果、判明します。私は最初の交通事故から約20年が経過していますが、診察結果は予想通り、20年以上かかって出来上がった程度のサブラクゼーションと診断。背骨、首の骨ともに、必要なカーブがなくなっています。かくして週3回3ヶ月の集中治療プログラム、ということになりました。

初めてのアジャスメント。神経圧迫を調べるナーボスコープで診察の後(これは毎診察時行われます)、首、背中、腰をアジャスメント。音がなる場合もありますが、もちろん痛みはなく、むしろ壮快です。最初のアジャスメントから、24時間後に症状を見る事が必要とのことで、次の日同時刻に来院。その後は毎来院、アジャスメントと腰と首の牽引(首と腰の正常なカーブを取り戻すため)を行います。また長年のサブラクセーションによりできてしまった、背骨の全体的な歪みと悪い姿勢のパターンを自主的に改善するための小脳を刺激させるカスタム・メイドのエクササイズ(セラピューティック・マニューバー)を習い、毎日続ける様にと言われます。


あるはずの湾曲がなくなっている上、角度がバラバラになっている頚椎と背骨。毎診察時このレントゲン写真を確認しながらアジャスメントが行われます。  
今現在、治療開始から約1ヶ月が経過しておりますが、改善点として、

1. 体の痛みが減った
2. 体から
パキパキ音がしなくなった(以前は動くたび、あちこちから音がしていた)
3. 今まであがらなかった足があがる様になった
などがあります。

この先、どんな風に体が改善していくのか、どのように治療が進んでゆくのか、向こう2ヶ月レポートさせていただきます。
Miki.E (12/2006)
体験レポート第2回