体験談 : ブラジリアン柔術世界選手権3位入賞

 毎回スパーリングのあと、右足の股関節に違和感を感じていたんだけど、最初はあまり気にしていなかったんだ。ところがある日、だんだん痛み出して、柔術の動きだけじゃなく、歩くことさえできなくなって、「おれのファイターとしての人生も終わりかな?」なんて真剣に考え出すぐらい辛かったんだ。
  そんな時、ドクター・エガワのカイロプラクティック・ケアを受けて、そのおかげで痛みから解放されただけじゃなく、あきらめかけていたムンジアル(ブラジリアン柔術世界選手権)にも出場できたし、練習不足だったけど3位に入賞できたんだ。
 ドクター・エガワが自分の道場の生徒で本当にラッキーだったよ。ありがとうドクター・エガワ!
( プロブラジリアン柔術家 ファビオ・クレメンテ、 ニューヨーク)